松崎 満生

Mitsuo Matsuzaki

鮮彩さと立体感ある独自技法の陶板画

松崎 満生

≪松崎満生 陶歴≫

1937 北海道札幌に生まれる


1963 それまでの挿絵画家を辞め、瀬戸(愛知県)の竹鳳窯にて染付を学ぶ。さらに土岐(岐阜県)の平山窯にて陶画家としての道を歩む。


1967 京都・五条の叶松谷窯に移り、轆轤成形の技法を学ぶ。


1974 西洋陶器研修のため単独渡欧。フランス・スペイン・トルコなど西洋各国を廻り、現在の作品の基礎となる一珍交趾盛り修得する。


1980 再度渡欧。オランダのデルフトより帰国後に交趾釉による独自の陶板画を制作、その後もさらに研究を重ね、現在に至る。


作品紹介