清水 保孝

Yasutaka Shimizu

轆轤と向き合い土と語らう

清水 保孝

≪清水保孝 陶歴≫

1957 京都市東山区五条坂に生まれる


1970 龍谷大学文学部史学科卒業


1971 父・清水卯一に師事


1972 第19回日本伝統工芸展に初入選 以降入選を重ねる


1973~ 日本工芸会「近畿支部長賞」「日経奨励賞」「松下賞」など多数受賞


1994 「藍釉銀彩亀釉文大鉢」が京都府に収蔵される


1999 「鉄絵亀遊文掛分扁壷」が駐日フランス大使館に収蔵される


2002~ ㈳日本工芸会理事就任、現在に至る


2006~ ㈳日本工芸会近畿支部幹事長就任、現在に至る


2007~ 日本伝統工芸近畿展実行委員長、現在に至る


2011 京都府指定無形文化財保持者の認定を受ける 第57回日本伝統工芸展入選作品「鉄釉掛分大皿」が京都府文化博物館に収蔵される


作品紹介